VOICES

社員紹介

建築の学びが仕事に繋がっている実感を胸に、
仕事の幅を拡げていきたい。

工事部 / 2020年入社

池田 大地

Daichi Ikeda

地元新潟の大学で建築を学び、就職活動では生まれ育った地元の建設・建築企業を志望。インターンシップや説明会への参加を経て、阿部建設への応募を決めた。2020年の入社後は、主に地元の建築案件にて施工管理を担当。休日は趣味のドライブを楽しみ、気になった場所に出かけている。

将来の進路を考えた時、地元で働きたいと考えていました。製造業が盛んな土地柄ではありますが、日々体を動かしながら様々な業務に取り組みたいと考えたことが、建築の世界を志したきっかけです。阿部建設を志望した理由は、地域密着型で事業を展開していること。そして、同じ大学出身で阿部建設に勤める先輩から「若い世代の社員が活躍しているし、質問がしやすい環境だよ」と話を聞き、着実に成長できると感じて心を決めました。

入社後は、学校や商業施設といった多くの方々が利用する建築に携わっています。分からないことは先輩に都度相談しながら、仕事を覚えていきました。実際にコミュニケーションがとりやすい環境で、心強い先輩や職人さんたちに支えられていると日々感じています。今は安全管理や墨出しといったサポート業務が中心ですが、最近は学生時代の学びが仕事に繋がっている実感が湧いてきました。今後はまず施工管理技士の資格を取り、仕事の幅を拡げながら早い段階で「一人前の現場監督」を目指したいと思っています。

地図に残る仕事に携われるやりがいと、
感謝の声が毎日のモチベーション。

工事部 / 2017年入社

須賀 潤平

Junpei Suga

柏崎市で生まれ育ち、工業高校で電気関係を学んだ後「毎日違う経験ができる仕事がしたい」と考え、地元の建設会社に就職。主に土木工事の施工管理として経験を重ねた。2017年に阿部建設に入社し、経験を活かして活躍中。休日はショッピングなどを楽しみ、最近はキャンプにも興味を持っている。

私は前職を含め、施工管理を約10年経験しています。経験を評価いただき、阿部建設に入社した後もすぐに現場を任されました。現場業務の流れ自体は、前職とさほど変わりません。経験を活かせている実感がありましたし、地元の道路・河川・上下水道・橋梁といった“地図に残る仕事”に関われることに、大きなやりがいも感じます。地域の方々から「ありがとう」「便利になったね」と嬉しい声をダイレクトにいただけるのもモチベーションになっています。

2017年に入社した後に建てられた新しいオフィスでは、ワンフロアにすべての部署が集まっているので、コミュニケーションがとりやすい環境です。社員同士で声をかけやすくなり、仕事や日常の話も気兼ねなくできるようになりました。若い世代が多く、明るい雰囲気があることは当社の特徴です。今の現場では2021年入社の若手社員と共に工事を進めていることもあり、働きやすい環境だと感じてもらえるよう、先輩としてしっかりサポートしたいと思いますね。建設は一日として同じ仕事がなく、完成に向かって進んでいけることが醍醐味です。地元企業で日々成長を感じて働きたい方は、ぜひ阿部建設を検討いただけたらと思います。

いつの日も考えてきたお客様とのつながりを、
揺るがない信頼関係に。

営業部 / 2019年入社

山川 早希

Saki Yamakawa

新潟県内の専門学校で会計や医療事務を学び、歯科助手を経て2019年に入社。事務と並行して部分的に携わった広報での仕事ぶりが評価され、現在は住宅事業部にて営業と広報を兼務している。休日は家事の傍ら、友人とショッピングや食事に出かけてリフレッシュ。気の合う仲間とあれこれ話す時間を楽しんでいる。

専門学校での学びを活かしたいと、事務として入社したのですが、今は営業兼広報の仕事をしています。前職は歯科助手ですから、思えばとても大きな変化ですよね(笑)でも、私自身はアクティブに動いていた方が性に合うと思いますし、何よりお客様と近い位置でお話しできる仕事がしたいと考えていたので、良い形でキャリアを築けています。広報では、集客を目的としたホームページ・SNS・広告・イベントの企画など幅広く任せていただいています。住宅営業としては、こうした広報活動から興味を持っていただいたお客様にアプローチします。集客から引き渡しまで、すべての流れに携われることが大きなやりがいです。人生でそう何度もない家づくりですから、お客様一人ひとりの声に耳を傾けることを大切にして、不安なくざっくばらんに話せる信頼関係を築けるように心がけています。

住宅営業部は、拠点が一体となり動いています。かねてから取り組む法人営業の活動にも力を入れながら、新しいお客様とのつながりを作っていきたいですね。そして、結婚や出産を経て活躍されている先輩と同様に長く活躍できたらと思います。

PAGE TOP